東京大学 海洋アライアンス東京大学 海洋アライアンス

海洋リテラシープログラム

東京大学海洋アライアンスは、「海洋国日本の基盤形成」と「世界の海への国際貢献」を念頭に置き、総合海洋基盤(日本財団)プログラム,海洋学際プログラムおよび平塚沖総合実験タワープログラム等の活動を展開しています。これらのプログラムの更なる推進のためには、人材育成の基礎となるリテラシー教育のプログラム検討が重要かつ必要です。そこで海洋アライアンスは海洋リテラシーの促進を研究するプログラム「海洋リテラシープログラム」を2010年7月7日に立ち上げました。

海洋リテラシープログラムの下には「海洋教育促進研究センター(日本財団)」と「海洋リテラシーグループ」があり、事務局を理学系研究科に置いています。日本財団の助成を受けた「海洋教育促進研究センター(日本財団)」(2010年10月1日発足)の中には「海洋教育政策学ユニット」と「海洋人材育成学ユニット」があります。

海洋教育政策学ユニット

海洋教育促進実践大学、海洋教育の促進に協力する全国の小中高等学校、および協力団体と連携し,我が国における初等・中等教育課程における海洋教育への取り組みのハブ拠点として、以下の調査研究を推進します。

  1. 初等・中等教育課程における海洋教育プログラム、カリキュラム研究
  2. 海洋教育促進を担う教師育成プログラムの作成
  3. 海洋教育促進支援制度モデルの研究と構築
  4. 上記海洋教育カリキュラムの初等・中等教育課程における位置づけと提言

海洋人材育成学ユニット

大学教育の前段階として重要な児童・生徒、およびそれを取り巻く社会を対象とした海洋リテラシー教育を促進するため、海洋学の専門性に根ざしつつも幅広い視野から以下の調査研究を行います。

  1. 社会における海洋関連問題の幅広い受容に向けた取り組みのあり方の検討
  2. 海洋リテラシー教育に必要な学際的教育素材の研究と開発
  3. これらの問題に取り組む学生・大学院生の教育と人材育成のあり方の検討

いっぽう、「海洋リテラシーグループ」の事業は、海洋基本法で求められている海洋人材育成の方針を受け、海洋アライアンスの目指す「海洋国日本の基盤形成」と「世界の海への国際貢献」を実現するために以下の研究を行います。

  1. 高等教育レベルにおける海洋教育カリキュラムの検討
  2. 各国の海洋教育のあり方の検討に関する国際的協力
page top