東京大学 海洋アライアンス東京大学 海洋アライアンス

文理の枠にとらわれない広い視野をもった人材を育てる、学際的な海洋教育を実施します。

教育

海洋アライアンスは、海洋分野のさまざまな専門知識を学び、世界が直面する海の課題に文理の枠を越えて挑める人材を育てます。東京大学の学部や大学院で学ぶ学生に対し、海洋科学の全般を包括的に学べる教育を実施しています。

いま海洋を取り巻く問題は、地球温暖化や海洋汚染、新たな海底資源の探査や開発、海上輸送の安全保障や水産資源管理など、多くの領域にわたっています。特定の専門分野だけでは解決できません。それぞれの専門家が協力すると同時に、全体を俯瞰し、世界の場でリーダーシップをとれる優秀な人材が求められています。

ところが、現在の学校教育では、高校生のような早い段階から「文系」「理系」の枠が設けられ、大学に進むと、それがさらに物理、生物などのように細分化します。海洋が抱える諸問題を解決するには、海洋科学の観点からこれらを統合し、海洋に関するバランスのとれた教養と高い専門性をあわせもつ人材を育てる必要があります。

大学院生を対象とする「海洋学際教育プログラム」では、文理を交えた海洋に関係する多くの分野の講義に、問題解決の能力を高めるための演習やインターンシップ実習を組み合わせています。大学の1、2年生に対しては、その入門編ともいえるオムニバス形式の「海研究のフロンティア」と全学体験ゼミナール「海で学ぶ〜臨海実験所での体験実習〜」を開講しています。

海洋学際教育プログラム

海洋アライアンスの「海洋学際教育プログラム」は、海に関する幅広い教養を備えた人材の育成を目的とした、分野横断型の大学院教育プログラムです。東京大学の5研究科と共同して2009年4月から開始しました。所定の単位を取得した修了者には、学位とは別に修了証が発行されます。このプログラムは、東京大学の大学院学生であれば、所属研究科にかかわらず誰でも履修することができます。

もっと見る

教養学部・学術フロンティア講義「海研究のフロンティア」

海洋アライアンスメンバーの教員が2007年度冬学期から開講していた「総合科目:海の魅力と海の基礎」を引き継いだ講義です。Sセメスター全3回(集中講義)・Aセメスター全13回の講義で、海洋に関するさまざまな研究を紹介します。海に関する幅広い知識を学生に習得させ、将来の進路選択の一助とすることが目的です。SセメスターとAセメスターを両方とも履修することもできます。

全学体験ゼミナール「海で学ぶ〜臨海実験所での体験実習〜」

教養学部の学生を対象に、理学系研究科付属臨海実験所(神奈川県三浦市)で、2泊3日の集中講義と実習を行います。2009年度は16名、2010年度は18名、2011年度は16名、2012年度は18名、2013年度は20名、2014年度は18名の学生、2015年度は20名、2016年度は19名が参加しました。臨海実験所職員、ティーチングアシスタントの指導を受けながら、海岸の地質調査や海水分析、生物採集、操船実習などを体験します。

Contents
海洋アライアンスとは
概要
研究
教育
組織
page top