海洋アライアンスからのお知らせ海洋アライアンスからのお知らせ

国際シンポジウム「海洋の保全と利用をめぐる合意形成の科学」開催のお知らせ(2018/2/15)

2018/01/24

国際シンポジウム「海洋の保全と利用をめぐる合意形成の科学」

International Symposium on Sciences Behind Decision-making Process for Conservation and Sustainable Use of the Oceans


  日時 2018年2月15日(木)9:30〜16:50
  会場 東京大学弥生キャンパス
     中島董一郎記念ホール
     (レセプション17:30〜中島ホール隣接オープンスペース)
  主催 東京大学海洋アライアンス・東京大学GSDM・NEOPS
  日・英同時通訳有り
  参加費無料(但し、レセプションに参加される方は、会費として当日3000円徴収いたします。)
  定員 50名

  申込要領:事前申込制となっております。

  参加登録は、以下のリンクよりお願いいたします
  https://www.oa.u-tokyo.ac.jp/application/symp2018/index.html
  *事前登録無しの当日の参加も可能ですが、すでに定員に達している場合には

   参加いただけない可能性もあることをご了承ください。
   (申込締切:当日午前8時、但し、当日前に定員に達した場合には申し込みを締め切らせていただきます)



  Date: Thursday, February 15, 2018 9:30~16:50
  Venue: University of Tokyo Yayoi Campus
      Nakashima Hall
      (Reception 17:30 ~ Nakashima Hall Open Space)
  Organizer: Univ. of Tokyo - Ocean Alliance, Univ. of Tokyo GSDM, NEOPS
  Japanese-English simultaneous translation available
  Fee: Free (For those who participate in the reception following the symposium,

        we collect 3000 yen on the day of the symposium)
  Maximum capacity: 50 participants

  Please register from the link below
  [now constructing]
  *Registration will close once it reaches 50 participants.


Program

9:30 - 9:40 開会挨拶 Welcome address and introduction


Session 1 沿岸域海洋空間計画(MSP)の推進 Promotion of Marine Spatial Planning (MSP)


座長:城山英明 (東京大学) Chair: Hideaki Shiroyama (University of Tokyo)


09:40-10:20 招待講演1 Invited Talk 1
"International/intergovernmental perspectives of MSP"

ジュリアン・バービエー(UNESCO IOC) Julian Barbiere (UNESCO IOC)


10:20-11:00 招待講演2 Invited Talk 2
"Development and implementation of MSP in Australia
   - in the light of the 20 years since the release of Australia's Oceans Policy in1998"

マーカス・ハワード(タスマニア大学) Marcus Haward (University of Tasmania)


11:00-11:40 報告1  Presentation 1
"A guideline for consensus development in coastal zone utilization, toward MSP implementation in Japan"

諏訪 達郎 (東京大学) Tatsuro Suwa (University of Tokyo)


11:40-12:00 議論 Discussion


12:00-13:00 休憩 Lunch Break


Session 2 外洋に関するBBNJの動き Present Situation of International BBNJ


進行: 道田 豊(東京大学) Chair: Yutaka Michida (University of Tokyo)

13:30-14:10 報告2 Presentation 2
"Scientific inputs from a national research project, New Ocean Paradigm on Its Biogeochemistry, Ecosystem and Sustainable Use (NEOPS)"

齊藤 宏明 (東京大学) ・ 古谷 研(創価大学)

Hiroaki Saito (University of Tokyo) ・Ken Furuya (Soka University)


14:10-14:50 報告3  Presentation 3
"The Work of the BBNJ Preparatory Committee and the Prospects for a New International Legally Binding Instrument"

西本 健太郎(東北大学) Kentaro Nishimoto (Tohoku University)


14:50-15:10 休憩 Coffee Break


15:10-15:50 報告4  Presentation 4
"Perspectives from developing countries"

ルキー・アドリアント(ボゴール農科大学) Luky Adrianto (Bogor Agricultural University)


15:50-16:50 パネル・ディスカッション Panel Discussion
モデレーター:八木 信行(東京大学) Moderator: Nobuyuki Yagi (University of Tokyo)

パネリスト:ジュリアン・バービエー、齊藤 宏明、ルキー・アドリアント、エリザベス・フルトン

Panelists: Julian Barbiere, Hiroaki Saito, Luky Adrianto, Elizabeth Fulton


お問合せ先|Contact Information
東京大学 海洋アライアンス(徳永) University of Tokyo - Ocean Alliance (K. Tokunaga)
Email:goui@oa.u-tokyo.ac.jp TEL:03-5841-3288

Contents
最新情報一覧
page top