海洋アライアンスからのお知らせ海洋アライアンスからのお知らせ

横風を相殺して飛ぶ海鳥 ~バイオロギングにおける逆問題アプローチ~

2017/09/29

海鳥の経路データを用いて、直接計測が難しかった海上の風と鳥の体軸方向の推定に成功した。海鳥は目印のない海上でも、横風によって移動方向がずれないよう体軸方向を調整していたことが、推定された風と体軸方向から明らかになった。これまで物理学や工学で馴染み深かった、結果から原因を推定する逆問題型アプローチを、バイオロギングデータの解析に用いることで、動物行動学的に有用な情報が推定できることを示した。


後藤佑介・佐藤克文(東京大学大気海洋研究所)


詳しくはこちら:http://www.aori.u-tokyo.ac.jp/research/news/2017/20170928.html

Contents
最新情報一覧
page top