研究者発の海の話研究者発の海の話

うみあるきとは?-システム開発の目的と方針

カテゴリ うみあるきとは?-システム開発の目的と方針
掲載日 2010.10.12
公共政策大学院 松浦正浩

 海洋政策以外の分野では、不特定多数の国民の意見を反映させるために、無作為抽出による代表者が新しい科学技術について議論する「コンセンサス会議」1)や、ICT(Information and Communiation Technology)を用いた教育政策に関する「熟議」2)などの試行が始まっている。

 都市計画の分野では、一般市民などによる小集団で都市内を散策し、気に入った景観や問題意識を持った地点について写真撮影を行い、散策後に参加者が集まって、撮影された写真をもとに、都市の問題や魅力について議論する「まちあるき」が行われている。都市計画の専門家でも、個別の利害関心を持つステークホルダーでもなく、「まち」に住まう一般市民の視点から、都市の問題や魅力について再発見できることが、「まちあるき」のメリットである。

図1 うみあるきICTシステムの概念図

図1 うみあるきICTシステムの概念図 [図を拡大]

 「うみあるき」の検討においては、都市計画における「まちあるき」の方法論を進化させ、ICTを活用した写真撮影と情報の整理について、必要な操作画面の開発を行った。従来の「まちあるき」では、付箋紙やポラロイドカメラを利用して記録し、紙の地図上にプロットしていた。今回検討した「うみあるき」では、そのコミュニケーション手段を現代のICTインフラへと進化させた点が、従来の「まちあるき」と大きく異なる点である(図1)。


図2 Google Earthでの写真表示

図2 Google Earthでの写真表示 [図を拡大]

図3 Google Earthでの写真表示(バルーン表示)

図3 Google Earthでの写真表示(バルーン表示) [図を拡大]

 うみあるきシステムでは、携帯電話カメラで撮影した画像とコメントをデジタル地球儀「Google Earth3)」上に簡易にマッピングする。ユーザは携帯電話で写真を撮影し、GPS情報を付加した後、電子メールでサーバに送信する。サーバでは、受け取った電子メールを自動的に解析し、画像ファイル、位置情報、電子メールの本文(コメント)をデータベースに保存する。サーバは、閲覧者からのリクエストに応じ、kml(Keyhole Markup Language)ファイルの書き出しを行う。kmlファイルはGoogle Earthで閲覧することができる(図2)。「うみあるき」参加者が撮影した写真は、航空写真上にマッピングされた状態で共有され、また、投稿者のコメントはGoogle Earthのバルーン内に表示される(図3)。生成されるkmlファイルにはタイムスタンプ情報が埋め込まれており、Google Earthのタイムスライダーを使用して時間軸に沿った閲覧が可能となっている。


(注1)コンセンサス会議については「科学技術への市民参加を考える会(AJCOST)」参照

(注2)文部科学省における熟議については「熟議カケアイ」参照

(注3)Google Earthとは「http://earth.google.com/」参照

このカテゴリの記事一覧
うみあるきとは?-システム開発の目的と方針
お台場実証実験
うみあるきとは?-システム開発の目的と方針
Contents
研究者発の海の話
水中ロボットの測位の話
深海の温泉をめぐる貝の旅
急激な地球温暖化が海洋生態系へ及ぼす影響を化石DNAで復元する
ニホンウナギ:汽水域での行動の特徴とは?
魚は潮流発電のブレードに衝突する?
魚の性別の話
水産業の振興に向けた海の「砂漠化」対策
海溝というもの
漁村を活性化するのは「心」なのか「環境」なのか?
高性能な船を実験水槽で開発する方法をウェブでわかりやすく説明する
大学における学際海洋教育を推進するための基礎データ
島嶼(とうしょ)における海洋保護区のあり方と意義
海洋生物の多様性保全と利用を考える
海を守る、地球を守る
我が国の離島の保全・管理や振興
海面上昇に対する沖ノ鳥島の維持
「海」から展開する情報プラットフォームとネットワーク
海洋深層水の利用
うみあるきとは?-システム開発の目的と方針
現代の海賊問題と日本
沿岸域利用についての合意形成メカニズムの評価検討
次世代海洋研究者の育成
陸と海のつながりと海洋生態系
大学における学際的海洋教育研究
漁業をまもる先端技術
海底に眠る鉱山—熱水鉱床
海洋に関わる諸活動のコスト・ベネフィット評価
page top