研究者発の海の話研究者発の海の話

我が国の離島の保全・管理や振興

伊豆大島でのシンポジウム

伊豆大島でのシンポジウム

海洋基本法では、我が国の離島は領海と排他的経済水域の保全、海上交通の安全確保、海洋資源の開発利用、海洋環境の保全等に重要な役割を担うとして、それらに必要な処置を講ずることとされている。様々な海の専門家が所属する海洋アライアンスは、この海洋基本法に基づく施策に色々な立場で貢献することが期待されている。しかし、我が国の離島とその周辺海域の現状を正確に把握しているものは少ない。

このカテゴリーでは、離島で開催した住民参加のシンポジウムや専門家を招いて開催したシンポジウムを通じて、離島に対する理解を深めるとともに課題をあぶり出し、従来ありがちであった、便益のみを考えた離島振興だけではなく、国民を守る(国防、文化、エネルギー資源など)という観点からも議論を深めたいと考えている。また、一例として、住民参加のシンポジウムを開催した伊豆大島での試みについても紹介したい。

(高木健)
page top