研究者発の海の話研究者発の海の話

海底に眠る鉱山—熱水鉱床

熱水噴出孔とその周辺の様子

熱水噴出孔とその周辺の様子

現在、海底に眠る新たな天然資源として「海底熱水鉱床」に大きな期待が集まっている。日本周辺においても、高品質のマンガンやコバルトといったレアメタルを豊富に含んだ鉱床が手つかずのまま開発を待っている。この新たな資源を開発するためには、採鉱手法や経済性についてだけでなく、新たな資源をめぐる国家間の利害関係や、開発行為が環境・生態系に与える影響など、実に様々な問題について十分に議論しておく必要がある。

東京大学海洋アライアンスでは、適切な海底熱水鉱床開発に向けて専門家による研究会を実施している。ここでは、海底熱水鉱床の開発とそれを取り巻く諸問題について、研究会において議論された内容を中心に紹介する。

(浦辺徹郎)
page top