研究者発の海の話研究者発の海の話

海を守る、地球を守る

大気海洋結合大循環モデルMIROC3.2による温暖化予測実験の結果。<br /> 図は温室効果ガス排出シナリオA1Bに基づいた100年後(1971-2000年平均と2071-2100年平均との差)の年平均気温の変化。

大気海洋結合大循環モデルMIROC3.2による温暖化予測実験の結果。
図は温室効果ガス排出シナリオA1Bに基づいた100年後(1971-2000年平均と2071-2100年平均との差)の年平均気温の変化。

地球環境のホメオスタシス(恒常性)を担っている海洋が、人間の活動により排出されるさまざまな物質により危機に晒されている。多くの化学物質は環境ホルモンとして沿岸に生息する海洋生物の生殖や成長に影響を与えると共に、免疫系に影響を与え病気にかかりやすくしている。その影響は沿岸域にとどまらず、産業活動により大気中に排出される二酸化炭素は地球温暖化と共に海洋酸性化を引き起こし、サンゴの白化現象をはじめ多くの生物を脅かしている。2010年度より海洋研究所と気候システム研究センターが統合され大気海洋研究所が発足したが、その機会を捉えて研究所の特色である学際性(資源学、地学、化学、情報学、生物学)を活かし、地球温暖化・海洋酸性化に関する新しい切り口の共同研究の可能性を探った。その試みに参加した各分野の最先端の研究者が、地球環境問題に関する研究の最先端を紹介する。

(竹井祥郎)
page top