研究者発の海の話研究者発の海の話

大学における学際的海洋教育研究

4大学2財団が集まる研究会

4大学2財団が集まる研究会

~新しい時代の海洋管理人材の育成のために大学として用意すべきプログラムは何か~

大学における学際的海洋教育研究会はこの問題を検討するために発足した。この問題の検討には幅広い専門領域と実務的な視点が必要であることから、工学、理学、法学、農学、経済学の教員のほかに大学の一般の職員・専門研究員も参加願った。またこの取り組みを東京大学だけで完結させるのではなく、広く海洋関係者に浸透することを念頭において、京都大学、東京海洋大学、横浜国立大学、日本財団および海洋政策研究財団の有志にも参加を呼び掛けた。教育の成果は一朝一夕には表れるものではないが、本会で検討した内容が将来の海洋管理に役立つことを願っている。

(福島朋彦)
page top