海洋アライアンスからのお知らせ海洋アライアンスからのお知らせ

「ウィンドチャレンジャー計画成果報告会」(2017/9/30(土)開催)

2017/09/01

化石燃料船から風力推進船へ! 次世代型省エネ帆船の実現に向けて海洋風を船舶推進エネルギ-源として利用するための技術開発

日時 : 2017年9月30日(土)12:30~17:45
場所 : 東京大学本郷キャンパス 理学部1号館2階 小柴ホール
     https://www.s.u-tokyo.ac.jp/ja/map/map01.html

参加費: 無料、事前登録制
申込先: http://www.orca.k.u-tokyo.ac.jp/WasedaLab/projects/wcp-syposium2017/
お問合せ先:hamasaki@isea.k.u-tokyo.ac.jp Tel.& Fax.03-5041-6547

チラシダウンロード:Flyer WCP成果報告会R4 170825.pdf
主催 : 東京大学 大学院新領域創成科学研究科 海洋技術環境学専攻
後援 : 国土交通省海事局、日本海事協会、日本船舶海洋工学会、東京大学海洋アライアンス

報 告 会 次 第
12:30  開場:受付・講演資料配布
13:00  開会:(司会)早稲田卓爾(東京大学大学院新領域創成科学研究科教授)
13:00  主催者挨拶:三谷啓志(東京大学大学院新領域創成科学研究科長)
13:05  来賓挨拶:日比谷紀之(東京大学海洋アライアンス機構長、日本海洋学会長)
13:10  ウィンドチャレンジャー計画の研究概要と成果:
     大内一之(ウィンドチャレジャー計画代表、東京大学大学院新領域創成科学研究科特任研究員)
13:30  複合材料を使った伸縮式大型硬翼帆(ウィンドチャレンジャー帆)の研究開発:
     鵜澤 潔(ウィンドチャレンジャー計画副代表、金沢工業大学大学院工学研究科教授・革新複合材料研究センター長)
13:50  ウィンドチャレンジャーの空力・推進性能とEPP(Energy Prediction Program):
      金井亮浩((有)エイ・シー・ティー代表取締役)         
14:10 ウィンドチャレンジャーの水槽試験、省エネ効果とEEDI / EEOIについて:
     芳村康男(東京大学大学院新領域創成科学研究科特任研究員)
14:30  風力推進船用最適航路選定ソフトWCNavi (Wind Challenger Navigation System):
     早稲田卓爾(東京大学大学院新領域創成科学研究科教授)
14:50  ウィンドチャレンジャーの操船・操帆マニュアル
     國枝佳明(東京海洋大学海洋工学部教授)
  
15:10~15:30      ― 休憩20分 ―

15:30 ウィンドチャレンジャー帆伸縮式スパーの設計
     長濵 和(㈱タダノLE技術部構造システムユニットアシスタントマネジャー)
15:50  ウィンドチャレンジャー帆及びその制御システムの大型商船への実装技術:
     青木伊知郎(㈱大島造船所船舶技術研究開発部長)
16:10  ウィンドチャレンジャー用オートパイロットの開発:
     羽根冬希(東京計器㈱舶用機器システムカンパニー担当課長)
16:30  ウィンドチャレンジャーに関する規則・ルールの対応:
     松本俊之(日本海事協会技術研究所長)
16:50  荷主・船社・造船所の協業による低炭素海上輸送システムの構築に向けて:
     川越美一(㈱商船三井常務執行役員)
17:10  総合討論・質疑応答:
    (座長)大内一之、各講演者、講演会参加者
17:40  閉会挨拶:高木 健(東京大学大学院新領域創成科学研究科海洋技術環境学専攻長)
17:45  閉会

Contents
最新情報一覧
page top