海洋アライアンスからのお知らせ海洋アライアンスからのお知らせ

第60回海中海底工学フォーラム(10/20・金)開催のご案内(申込締切10/13・金)

2017/08/25

第60回海中海底工学フォーラム(10/20・金)開催のご案内


本フォーラムは、要申込みです。
申込み締め切りは、原則として、10月13日(金)を予定しております。

URL:http://seasat.iis.u-tokyo.ac.jp/UTforum/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


日時:2017年10月20日(金)


午前:10時~11時30分:柏キャンパス見学会 

   於:柏キャンパス内生研研究実験棟I 3階集合(3Fで受付)*先着60名様限り 

     新規オープン生研研究実験棟(水槽)および水中ロボットデモの見学 


午後:13時~:研究会 

   於:大気海洋研究所講堂


1. 「待ちの狩り」から「一網打尽」の時代へ:
  海洋ウイルス研 究の潮流から見えてくるもの:長崎慶三(高知大学):
2. バクテリアによる岩盤硬化技術と地震津波軽減の可能性:
  濱田洋平(高知コアセンタ):
3. 観測/実験設備や観測データ分析へのAI技術活用
 ~AIを活用したデータ処理/分析により、新たな気付きを得る~:相馬知也(NEC):
4. 漁業の読み方:本田直久{日本漁船保険組合):
5. 南極海氷下未探査領域への挑戦:野木義史(国立極地 研究所):
6. 海底熱水鉱床探査のための"ちょっと変わった"音波探査法 の開発:淺川栄一(地球科学総合研究所):
7. 五島列島沖合に沈む潜水艦群をバーチャルメモリアル:浦 環(ラ・プロンジェ深海工学会):
8. JAPANPAVILION:日本の技術を世界に発信する:
 その1. ROV搭載型新方式海底多点コアリング装置:鉱研工業:田島史郷
 その2  NASA採用中のAXCTDについて:鶴見精機:津田裕之
 その3 ガラス球を応用したpCO2/pH/DOプロファイラー[GSOS]の開発:ソニック:小梨昭一郎
 その4 チューブ吸引式鉛直採水システム[WACS]の開発:日本海洋:岩田至


協賛行事:17時10分~17時30分:IEEE/OES Japan Chapter Young Research Award 2017


研究懇談会:17時30分~


プログラム:60ForumProgram.pdf


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お問い合わせ・申し込み先
東京大学生産技術研究所 海中観測実装工学研究センター 杉松 治美
電話:03-5452-6487 Fax:03-5452-6488
E-mail:harumis@iis.u-tokyo.ac.jp


Contents
最新情報一覧
page top