海洋アライアンスからのお知らせ海洋アライアンスからのお知らせ

海洋ゴミへの反応はウミガメの食性により異なる

2016/08/04


海洋ゴミへの反応はウミガメの食性により異なる

餌生物と海洋ゴミの混同が少ないアカウミガメと混同するアオウミ


福岡拓也・佐藤克文(東京大学大気海洋研究所)

20160624.png


東京大学大気海洋研究所の福岡拓也大学院生および佐藤克文教授を中心とする国際共同研究グループは、自然の環境下で海洋ゴミに遭遇したウミガメ類の反応が ウミガメの食性によって異なっており、動物を食べるアカウミガメに比べて藻類を主に食べているアオウミガメの方が高い確率で遭遇した海洋ゴミを飲み込んで いることを明らかにしました。




続きを読む →東京大学 UTokyo Researchへ

http://www.u-tokyo.ac.jp/ja/utokyo-research/research-news/sea-turtles-feeding-habits-influences-reaction-to-marine-debris.html

Contents
最新情報一覧
page top