海洋アライアンスからのお知らせ海洋アライアンスからのお知らせ

海洋アライアンスからのお知らせ

クラゲの大発生を食い止めろ~プラズマ処理技術を応用してクラゲ幼生の着底を制御~
2014/02/17

2014214

都丸 亜希子(東京大学大気海洋研究所 元特任研究員)

浜崎 恒二(東京大学大気海洋研究所)

沖野 晃俊(東京工業大学大学院総合理工学研究科)

クラゲは,大発生をおこし経済的・生態的なダメージを与えることが知られています.ミズクラゲも例外ではなく,発電所の取水口を塞ぐことによる発電停止をひきおこす,漁業の妨げになるなど社会問題となっています.しかしミズクラゲは世界中に分布しているにもかかわらず,大発生の予測や制御には至っていません.卵から孵化したクラゲの幼生(プラヌラ)は,しばらく海水中を浮遊した後,貝殻や岩などの自然由来のものだけでなく,海岸部のフロートや桟橋などの人工構造物にもくっつきます(着底).着底後,ポリプと呼ばれるイソギンチャク様の形に変態し,このポリプは分裂によって増加し,それらがクラゲへと成長するため,プラヌラの着底を防ぐことによってクラゲの大発生を制御できると期待されます.

今回,東京大学大気海洋研究所の都丸亜希子元特任研究員と浜崎恒二准教授らは,東京工業大学の沖野晃俊准教授らとの共同で,海洋構造物や漂流・漂着後にゴミとして知られているプラスチック(ポリカーボネート)をモデル材料としてプラヌラの着底実験を行い,温度制御が可能な大気圧プラズマ装置を用いてプラスチック表面を親水化することにより,プラヌラのプラスチック表面への着底率が大きく低下することを見出しました.

プラズマ処理によるプラスチック表面の親水化は,物理的な構造変化や薬品処理を必要としない利点があり,簡単かつ効果的な抑制法としてクラゲ大発生のメカニズム解明や新たな防除技術の開発につながると期待されます.

詳しくはこちら:

http://www.aori.u-tokyo.ac.jp/research/news/2014/20140214.html

Contents
最新情報一覧
page top