海洋アライアンスからのお知らせ海洋アライアンスからのお知らせ

海洋アライアンスからのお知らせ

【世界で初めてサンゴと共生する褐虫藻の遺伝子を同時に解析】
2014/01/20

2014120

新里 宙也(沖縄科学技術大学院大学)

日下部 誠(東京大学大気海洋研究所)

井上 麻夕里(東京大学大気海洋研究所)

地球上の全海域のわずか1%の面積にも満たないサンゴ礁は,全海洋生物のおよそ3分の1の命を育む,地球上で最も生物多様性豊かな場所の一つです.しかし近年,地球温暖化や海洋酸性化などで,サンゴと共生し,サンゴに栄養を供給している褐虫藻がサンゴから抜け出る「白化現象」が起き,サンゴと褐虫藻の共生関係が崩壊し,その結果,サンゴ礁に生息する多様な生物にも影響が及んでいます.このような問題は,サンゴと褐虫藻からなるサンゴ共生体を遺伝子レベルで理解することにより解決の糸口が見える可能性があります.しかし,これまでサンゴと褐虫藻の遺伝子情報を同時に解析する試みはなされていませんでした.

このたび,沖縄科学技術大学院大学(OIST)マリンゲノミックスユニットの新里宙也研究員,東京大学大気海洋研究所の日下部誠助教,井上麻夕里助教らの研究グループは,ハマサンゴ共生体の遺伝子解析に世界で初めて成功し,サンゴと褐虫藻は,それぞれ生命の維持に必要なアミノ酸を独自に合成し,またその合成している種類も異なることが分かりました.

今回の研究成果をはじめとして,サンゴ共生体の分子メカニズムを明らかにする研究が飛躍的に進むことで,サンゴ礁保全という世界的課題の解決に向けた道筋がつくと期待されます.

詳しくはこちら:
Contents
最新情報一覧
page top