海洋アライアンスからのお知らせ海洋アライアンスからのお知らせ

海洋アライアンスからのお知らせ

【東北マリンサイエンス拠点形成事業 -海洋生態系の調査研究- から,「海に流出した汚染物質の行方は・・・?」】
2013/12/17

東北マリンサイエンス拠点形成事業

海洋生態系の調査研究


第4回 海に流出した汚染物質の行方は・・・?

研究テーマ4:小川浩史准教授


陸から海に流れ出た汚染物質

 1.人為起源有機化合物

   Hopane, PAH, LAB, PCB, PBDE, HBCD

 2.重金属 ―― Pb, Cu, Cd, Zn, Pt, Hg

 3.耳石、貝殻中の重金属組成 ―― Pb/Ca, Ba/Ca, Sr/Ca

 4.陸起源天然有機物 ―― δ13C,δ15N,Lignin

大槌で学ぶ若き研究者たち

三陸の漁業復興のためにも「海の精密検査」を


詳しくは「プロジェグランメーユ 大槌の復興から世界へ広がる海洋研究」のページを御覧下さい.

http://teams.aori.u-tokyo.ac.jp/whats-happening/interviews/004

Contents
最新情報一覧
page top