海洋アライアンスからのお知らせ海洋アライアンスからのお知らせ

海洋アライアンスからのお知らせ

【黒潮とオホーツク海の遭遇~渦に運ばれる暖水と冷水の結合~】
2013/10/10

2013920

伊藤 幸彦(東京大学 大気海洋研究所 地球表層圏変動センター)

安田 一郎(東京大学 大気海洋研究所)

東北・北海道沖の太平洋に出現する時計回り渦(高気圧渦)は,プランクトンの増殖や漁場形成に大きな影響を及ぼしているが,どのような性質の渦がどこに存在するか,これまでよくわかっていなかった.本研究は,人工衛星や船舶等による観測結果から,黒潮に起源を持つ暖かい高気圧渦(暖水渦)と,オホーツク海に起源を持つ冷たい高気圧渦(冷水渦)の分布を明らかにし,また海水の分析から,上層に暖水核を持つ渦の多くが中層には冷水を保持しているということを発見した.冷水の存在する密度帯の共通性や渦の力学的な性質から,暖水渦・冷水渦が東北・北海道沖で遭遇,相互作用し,結合することにより,このような特異な二重核構造が生じていると示唆された.

つづきはこちら:

http://www.aori.u-tokyo.ac.jp/research/news/2013/20130920rh.html

Contents
最新情報一覧
page top