海洋アライアンスからのお知らせ海洋アライアンスからのお知らせ

海洋アライアンスからのお知らせ

【潮汐混合が制御する太平洋深層の循環と水塊年齢】
2013/09/10

2013910

岡 顕(東京大学大気海洋研究所)

丹羽淑博(東京大学大学院理学系研究科)

海のコンベアベルトとも呼ばれる海洋深層循環は,数百~数千年の時間スケールで引き起こされる気候変動の鍵となります.太平洋は海洋深層循環の上昇域にあたり,その深層には地球の気候を決めるうえで重要となる熱や炭素が多く蓄えられており,その分布は海水の水塊年齢分布と密接に関係しています.太平洋深層には,世界中の海のなかでも最も古い水塊年齢をもつ海水が存在しますが,これまでの海洋大循環モデルではその分布の再現性に問題がありました.

東京大学大気海洋研究所の岡顕講師と理学系研究科の丹羽淑博特任准教授(海洋アライアンス)は,海洋大循環モデルによる数値シミュレーションにより,太平洋における海洋深層循環の強さを制御する仕組みとして,海底から離れた場所で起こる潮汐混合が重要な役割をもつことを明らかにしました.また,これまでの海洋大循環モデルではうまく再現することができなかった太平洋深層における水塊年齢の分布を,この潮汐混合の効果を組み込むことにより,その特徴の再現にはじめて成功しました.本研究の結果は,海洋深層が大きく影響する数百~数千年の時間スケールで引き起こされる気候変動を理解するための重要なステップとなります.

これらの成果は英雑誌 Nature Communications201399日付け)に掲載されました.

詳しくはこちら:

http://www.aori.u-tokyo.ac.jp/research/news/2013/20130909.html

Contents
最新情報一覧
page top