海洋アライアンスからのお知らせ海洋アライアンスからのお知らせ

海洋アライアンスからのお知らせ

【マグロ・カツオ・サバ類は深海からの爆発的進化で生まれた】
2013/09/05

2013年9月5日

宮 正樹(千葉県立中央博物館)

馬渕 浩司(東京大学大気海洋研究所)

西田 睦(東京大学名誉教授,もと大気海洋研究所所長)

マグロ・カツオ・サバ類を含むサバ科魚類は,外洋を遊泳する高次捕食者として海洋生態系において重要な役割を果たしているだけでなく,食料として人間と深い関わりをもつ魚類です.しかし,長い進化の歴史の中でいつ,どこで誕生し,どのような道筋を経て進化してきたのか,謎が多く残っていました.

今回,千葉県立中央博物館の宮正樹動物学研究科長らと東京大学大気海洋研究所の馬渕浩司助教・西田睦名誉教授らの研究グループは共同で,詳細かつ膨大なDNA系統解析により, [1]サバ科魚類の多くがこれまで類縁性が高いと予想されてこなかった別の14科と祖先を共有していること;[2]この共通祖先は,今から約6,500万年前に起こった白亜紀末の大量絶滅(恐竜時代を終わらせた)を生き残り,その直後に,サバ科を含む15科の魚類(多くは捕食性の大型遊泳魚類)を次々に生み出したこと;[3]その共通祖先は外洋の深海 (200m以深) に生息していた可能性が高いことを示しました.

化石記録に基づく近年の研究では,白亜紀末に捕食型の大型遊泳性魚類のみが絶滅した(選択的に絶滅した)ことが明らかにされています.サバ科を含む現生の多くの捕食性魚類は,この選択的な絶滅が引き金となって生じた外洋の生態的地位 (ニッチ)の空白を埋めるかたちで,深海から浮上した単一祖先の急速な種分化によって進化したてきた可能性が高いと考えられます.また,本研究の成果は,既存の魚類の分類体系に対して大幅な書き換えを迫るものでもあります.

詳しくはこちら:

http://www.aori.u-tokyo.ac.jp/research/news/2013/20130904.html


Contents
最新情報一覧
page top