研究者発の海の話研究者発の海の話

海面上昇に対する沖ノ鳥島の維持

東小島の現況

東小島の現況

沖ノ鳥島は日本最南端の非常に小さな島であるが、日本にとって極めて重要な島である。それは沖ノ鳥島が非常に広大な排他的経済水域を支えているためである。ところが、長い年月にわたる浸食や環境変動に伴う海面の上昇などによってこのサンゴ礁からなる小島は水没の危機に直面している。この様な現状のもと、沖ノ鳥島を水没の危機から救い、今後長年にわたって維持していくための様々な活動・研究が行われている。ここでは沖ノ鳥島の重要性とそれを取り巻く現状、維持の為の試みについて紹介する。

(茅根創)
Contents
研究者発の海の話
水産業の振興に向けた海の「砂漠化」対策
海溝というもの
漁村を活性化するのは「心」なのか「環境」なのか?
高性能な船を実験水槽で開発する方法をウェブでわかりやすく説明する
地球温暖化だけでサンゴ礁の国は水没しない
海中ロボットで海を身近に
河川の構造物はニホンウナギの行く手を阻んでいるか?
「赤潮」の頻発と養殖漁業 ~インドネシア・ランプン湾を例に~
大学における学際海洋教育を推進するための基礎データ
島嶼(とうしょ)における海洋保護区のあり方と意義
海洋生物の多様性保全と利用を考える
海を守る、地球を守る
我が国の離島の保全・管理や振興
海面上昇に対する沖ノ鳥島の維持
「海」から展開する情報プラットフォームとネットワーク
海洋深層水の利用
うみあるきとは?-システム開発の目的と方針
現代の海賊問題と日本
沿岸域利用についての合意形成メカニズムの評価検討
次世代海洋研究者の育成
陸と海のつながりと海洋生態系
大学における学際的海洋教育研究
漁業をまもる先端技術
海底に眠る鉱山—熱水鉱床
海洋に関わる諸活動のコスト・ベネフィット評価
page top