研究者発の海の話研究者発の海の話

漁業をまもる先端技術

微生物遺伝子検出用のマイクロ流体デバイス

微生物遺伝子検出用のマイクロ流体デバイス

養殖は日本の食卓を支える極めて重要な産業である。その養殖に大きな被害をもたらす赤潮は様々な水質改善努力の結果、近年では減少傾向にあるものの、いまだ継続的に発生し続けている。今後も養殖による水産物の安定生産を持続してゆくためには、新たな技術の導入による詳細な海域モニタリングを実施し、赤潮の原因の解明と対策を講じる必要がある。では、何をどのようにモニタリングすべきか。どうすれば低コストかつ信頼性の高いモニタリングを実現できるのか。その問いに答えるには専門家らを交えた意見の交換と分野横断的な取り組みが必要である。

(福場辰洋)
page top