研究者発の海の話研究者発の海の話

沿岸域利用についての合意形成メカニズムの評価検討

エビ打瀬船(出典:野付漁協)

エビ打瀬船(出典:野付漁協)

日本は沿岸での人口が比較的多く、漁業も広く存在している点で、欧米諸国とは異なる社会的背景が存在している。沿岸域の保護と利用を実施する上でも、独特の合意形成メカニズムが見られる場合もある。ここでは、このうち特に、利用者(漁業者)が自主的な保護区を多数設置している点に注目し、このメカニズムに関する検討を行った。

世界各地で、小規模かつ自主的な資源管理と保全の枠組みが有効であるとの事例を収集・分析したオストロム教授が2009年のノーベル経済学賞を受賞したが、日本における漁業者による保護区設定事例も、オストロム教授が示す成功例と共通する要素を内在させている。この点に関する考察も行っていくこととする。

(八木信行)
page top