研究者発の海の話研究者発の海の話

海洋利用のコストとベネフィット評価 その意義と必要性

カテゴリ 海洋に関わる諸活動のコスト・ベネフィット評価
掲載日 2009.07.20
農学生命科学研究科 八木信行 ・ 農学生命科学研究科 古谷研

 我々は、海洋から様々な恩恵を受けている。この恩恵の利用・配分を巡り、利用者間の利害の対立・共有が生まれ、その利害関係は、国家間、異文化間、民族間、また異なる世代の間にも生じている。この調整を合理的に行うためには、各種の行為に対するコスト(費用)とベネフィット(便益)を評価する手法を確立し、各種の行為を同じスケール、具体的には貨幣価値換算で比較できるようにすることが重要となっている。

図1 海洋がもたらす恩恵の概念図

図1 海洋がもたらす恩恵の概念図 [図を拡大]

 この対立も、海洋を同じ形態で利用している集団間のもの(漁業紛争など)だけに留まらず、沿岸域の埋め立てか漁業の継続かを2者択一する場合など、異なる活動を巡って対立が生じるケースも多い。この場合は、漁業の継続が人間社会にとってどの程度の価値を今後生み出していくのか、他方で、埋め立てを行う場合に人間社会が得る価値はどの程度であるのかについて比較検討し、当事者間で合意点を見いだすことが1つの解決策となる。経済活動によって人間社会が得る価値は、比較的単純に計算が可能である。というのも、対象となる活動は経済活動であるため、この活動が毎年生み出すキャッシュ・フローを推定すればある程度のことが言える性質を有しているためである。また、比較対象も、人間の経済活動の範囲内、すなわち、市場で取引対象となっている財という同質のものどうし(図1に示す1の部分の中での比較)であるため、作業内容の理解も得やすい。

 しかしながら、海洋がもたらす恩恵は、単に鉱物や生物資源といった市場取引の対象物だけに留まらない。海洋生態系の機能によって生じる有毒物質の分解や、栄養塩循環など、いわゆる生態系サービスと呼ばれる機能からも、我々は知らず知らずのうちに恩恵を受けている。
 生態系サービスは、人間による経済活動の外で生じているものも多く、その価値は簡単には計算できない場合が多い。というのも、対象となる生態ケーサービスの範囲が明確でない場合が多く、またその機能もどのように貨幣価値に換算すればよいのか簡単には見当が付かないものも存在するためである。また、このような価値を、人間の経済活動がもたらす価値と比較する際にも混乱が生じがちである。すなわち、図1に示す1と2の部分を比較しようとしても、同質のものどうしを比較することになっていないため、直感的に作業内容が理解できない場合もある。

 平成20年3月に策定された政府の海洋基本計画では、経済活動が活発化する中で様々な海洋利用活動が輻輳していることを指摘し、複数の利用者が同一の海洋空間を立体的、時間的に住み分けながら利用しあうための調整に向けた環境整備が必要であると問題提起を行っている。海洋は地球を覆う一体の連続した存在であり、国際社会においても様々な活動について調整の必要性が生じている。更には、海洋基本計画は、環境浄化機能や自然景観など、海洋の多様な機能にも注目していることに鑑みれば、生態系サービスと人間による海洋の経済利用が2者択一問題にどのような解決を図るべきかも今後重要な課題となる。

 このような中、海洋における諸活動のコスト・ベネフィット評価のための手法を検討し、それぞれの手法についてその特徴や限界などを見極めておくことは、今後、国内・国外における調整を行う上で極めて有益な情報をもたらす作業と思われる。

Contents
研究者発の海の話
水産業の振興に向けた海の「砂漠化」対策
海溝というもの
漁村を活性化するのは「心」なのか「環境」なのか?
高性能な船を実験水槽で開発する方法をウェブでわかりやすく説明する
地球温暖化だけでサンゴ礁の国は水没しない
海中ロボットで海を身近に
河川の構造物はニホンウナギの行く手を阻んでいるか?
「赤潮」の頻発と養殖漁業 ~インドネシア・ランプン湾を例に~
大学における学際海洋教育を推進するための基礎データ
島嶼(とうしょ)における海洋保護区のあり方と意義
海洋生物の多様性保全と利用を考える
海を守る、地球を守る
我が国の離島の保全・管理や振興
海面上昇に対する沖ノ鳥島の維持
「海」から展開する情報プラットフォームとネットワーク
海洋深層水の利用
うみあるきとは?-システム開発の目的と方針
現代の海賊問題と日本
沿岸域利用についての合意形成メカニズムの評価検討
次世代海洋研究者の育成
陸と海のつながりと海洋生態系
大学における学際的海洋教育研究
漁業をまもる先端技術
海底に眠る鉱山—熱水鉱床
海洋に関わる諸活動のコスト・ベネフィット評価
page top