活動報告活動報告

活動報告

【出前授業】小笠原中学校の生徒が来訪(2014/5/20)
2014/05/21

 東京都小笠原村の中学生たちが5月20日,修学旅行中に海洋アライアンスを訪れた.理学部学生が今年の春,小笠原村で地質調査を行った際にお世話になった中学校.日比谷紀之・海洋アライアンス機構長(理学系研究科教授)が訪問を快諾した.


20140520小笠原中1.jpg

    日比谷機構長(中央右)から海流の説明を受ける小笠原中の生徒たち.

    手前の黄色い装置が「乱流計」.


20140520小笠原中2.jpg

    小笠原中の教諭と生徒が,海洋アライアンスのメンバーと記念撮影.


 訪れたのは,村立小笠原中学校(新妻茂校長)の教諭と中学3年生で計21人.日比谷機構長は,海中の乱れた流れを測定できる「乱流計」のある観測準備室で,深層を流れる大規模な海流と乱流の関係について解説.茅根創・海洋リテラシープログラム長(理学系研究科教授)は,実験室でサンゴの標本を見せながら,地球温暖化がサンゴ礁に与える影響などについて説明した.

(文責)海洋アライアンス上席主幹研究員 保坂直紀

Contents
活動報告一覧
page top