活動報告活動報告

活動報告

【海洋アライアンスが協力する生涯学習プログラム「グレーター東大塾第3弾」始まる】(2012/4/10)
2012/04/17

生涯学習プログラム

「グレーター東大塾」第3弾:海洋生物のポテンシャルを求めて


東京大学 卒業生室 社会連携部の実施する生涯学習プログラムの講義型プログラム「グレーター東大塾」.第2弾に引き続き第3弾も海洋アライアンスが全面協力することとなり,第1回目の講義が,2012年4月10日,経済学研究科 学術交流棟・小島ホールにて開始された.


グレーター東大塾は,卒業生が生涯にわたって大学と絆を持ち続け,世界的視野に立って,公正な社会の実現や科学・文化の創造に貢献し続ける為の仕組みとして立ち上げられた企画で,先端専門性に焦点を置いて,現実社会での身近なテーマを取り上げ,一般教養の講義レベルを超え,第一線の課題に取り組み,大学と社会が問題解決するネットワークの構築を目的としている.

 詳しくはこちら http://tsii.todai-alumni.jp/gtc/

 パンフレット  TODAI_Greater03_WEB.pdf


近年続々と海洋の新たな種が発見され,新たな生物として食品や素材として海洋生物資源に加わった.これら生物がもつポテンシャルには世界中が注目している.広大な経済的排他水域を持つ日本は,亜熱帯から亜寒帯,沿岸から沖合,さらには表層から深海までの海洋環境に生息する多様な海洋生物に恵まれており,上手に利用すれば無限に使用できる資源である.本講座は海洋生物のもつポテンシャルを紹介し,「海洋新時代と生物資源」「生物利用の可能性」について,様々な専門の立場から多角的に議論する.


今回は,古谷研教授(農学生命科学研究科)を塾長,福島朋彦特任准教授(海洋アライアンス)を副塾長に,2012年7月24日まで14回の講義が行われる.


Contents
活動報告一覧
page top