活動報告活動報告

活動報告

【海洋アライアンス・イニシアチブから,日本沿岸域学会 研究討論会優秀講演賞受賞者】
2012/03/20

理学系研究科 茅根研究室 修士3年の青木健次君が,

日本沿岸域学会研究討論会2011において

優秀講演賞を受賞しました

 

  発表タイトル:沖縄県西表島北東バラス島の変化とその要因

  発表者: 青木健次・本郷宙軌・茅根 創・山野博哉・髙橋研也・

       片山裕之・関本恒浩・磯部雅彦

 

この研究は海洋アライアンスのイニシャチブで採択された「海面上昇に対する沖ノ鳥島の生態工学的維持」のなかで実施(代表 茅根創 理学系研究科教授)」された研究です

 

本HPでも既に紹介済みですが,2009年に沖ノ鳥島研究会のメンバーは沖縄県周辺のサンゴ州島を巡検しました青木君の研究が始まったのはこの時からでした以後,文献調査,室内実験や数値計算などをとおして,サンゴ州島の形成メカニズム解明に寄与する研究が評価されました

http://www.oa.u-tokyo.ac.jp/activity/2009/09/2009930.html


aoki.jpg

Contents
活動報告一覧
page top